平田竹男さんからのメッセージ

平田竹男さんからMPGへのメッセージ

知的生産に使える時間と研究費。これが大学の研究室のパワーの源泉です。マスターピースは、データの打ち込みなどこれまでの大学研究室を雑用から解放してくれる画期的な集団で、クリエーションに専心でき、本当に助かっています。

平田竹男さんのプロフィール

ハーバード大学ケネディスクール卒業(政治学修士)。

1982年通商産業省入省。在ブラジル日本大使館一等書記官、資金協力室長などを歴任する傍ら、通産省サッカー部を率いる。

2002年資源エネルギー庁石油天然ガス課長を最後に退官。 2002年から(財)日本サッカー協会専務理事。

2006年から早稲田大学大学院スポーツ科学研究科教授。

早稲田大学大学院スポーツ科学研究科トップスポーツマネジメント専攻コースより

早稲田大学大学院スポーツ科学研究科トップスポーツマネジメント専攻コースは、気鋭の経営者たちがスポーツを楽しいビジネスとして成功させることを研究する大学院です。本年卒業されたマスターピース佐藤会長のように優秀論文賞を獲得できるような意欲と実行力のある実業家、アスリートを募集中です。

平田竹男先生著書の紹介

サッカーという名の戦争―日本代表、外交交渉の裏舞台―

内容(新潮社ホームページより)
そこには、知られざるピッチの外の戦いがあった——。
数々の劇的なドラマを生んできた日本代表の激戦。だが、真の戦いは試合前の交渉から既に始まっている! ドイツW杯を目指したジーコ・ジャパンの軌跡、アテネ五輪チームのアジア最終予選方式を巡る攻防、なでしこジャパン飛躍の裏側……。世界を相手にした激しい駆け引きを、通産省出身のサッカー協会・元専務理事が明かす。
1,365円、四六判、191ページ


トップスポーツビジネスの最前線2008

内容(「MARC」データベースより)
日本のトップスポーツ界において、どのようなビジネスが展開され、推進されているのか。平田竹男、平井伯昌、菊地広哉ら、スポーツを支える各界の第一人者を講師に迎え、先進事例や業界の動向などの具体例を通じて学ぶ。
単行本: 221ページ 出版社: 講談社 (2008/9/25)

企業情報